Farm to Table ファーム・トゥー・テーブル 2019

「自然と対話する食卓」
・・・信州の豊さに感謝を込めて・・・

詳細ページ


Farm to Table ファーム・トゥー・テーブル 2019今年も、1回だけの特別なダイニングが軽井沢を舞台に繰り広げられます。
そのキーワードは、「自然」。
独自の視点をもち、地方のガストロノミーを牽引する二人の料理人を中心に、7人の豪華なメンバーが秋の信州に集います。
彼らの出会いが、その日の食卓に、どんな物語を紡ぎだしてくれるのか・・・。
この素晴らしいひとときを、どうぞご一緒に。
軽井沢の森で、お待ちしています。


日 時:2019年11月17日12時開場 / 12時半開宴
場 所:ヴィラ・デ・マリアージュ軽井澤
会 費:23,000円(ドリンクペアリング、税サービス込み)
定 員:40名

チラシPDFダウンロード

お問い合せ・お申し込み
※申し込み開始:2019年 9月14日(土)10:00より予約受付開始
※メール申し込み、peatex申し込み、同時受付
メール申し込み:contact@bishoku-karuizawa.com
申し込み:https://peatix.com/event/1328024/

軽井沢ガストロノミー・フォーラム
第2回「食の世界の女性たち」

軽井沢を、真の美食の町に。
食べるだけではなく、考える・知ることもガストロノミーです。
華やかで楽しくて、でも皆で学ぶことができる。
そんなガストロノミー・フォーラム、今回のテーマはSDGsです。

軽井沢ガストロノミー・フォーラム第2回
『食の世界の女性たち』
・ ・・新しい食の文化を、軽井沢から!・・・

日時:
2019年7月17日(水曜日) 10:00〜17:00

会場:
ヴィラ・ド・マリアージュ軽井沢

料金:
*フォーラム入場料:前売り1200円 当日1500円
*フォーラム*記念ランチ:6000円(前売りのみ・定員50名)

申し込み開始:
2019年4月20日(土曜日)<お申し込みはこちら>

プログラム
10:00 開会
ご挨拶 中村孝則(特別ゲスト)
10:15「ローガルガストロノミーと女性たち」
岩佐十良 「自遊人」編集長
11:00「現場は私たちが主役!」女性生産者 座談会
依田美和子 「軽井沢サラダふぁーむ」
松澤みどり 「松澤農園」
掛川育臣 「ひまわり農園」
平井久美 「平井農園」
司会 福吉貴英 「奈良食べる通信」編集長

12:00~13:30 ・・・昼休み・・・
「フォーラム記念ランチ(立食ビュッフェ形式)」

13:30「実現できるサスティナビリティを求めて」
生江史伸 「レフェルヴェソンズ」
14:10「女性として、料理人として、シェフとして」
ルシア・フレイタス「ア・タフォーナ」(スペイン・ガリシア)
15:20「厨房からのメッセージ」 女性シェフ座談会
樋口宏江 「志摩観光ホテル」総料理長
桑木野恵子「里山十帖」総料理長
川副藍  「シュヴァル・ド・ヒョータン」
藤木千夏 「UMI」
小林愛実 「ヴィラ・ド・マリアージュ軽井澤」総料理長
司会  渡辺万里 「スペイン料理文化アカデミー」主宰
16:20「料理学会、そしてフォーラムに思うこと」
深谷宏治 「函館・バスク」
17:00  終了

Farm to Table ファーム・トゥー・テーブル 2018

「信州礼賛」
・・・食材と対話する料理人たち・・・

豊かな食材を内包する、豊かな地・信州。
美食を約束されたこの地で、料理人たちは、
食材そのままの魅力を上回る料理を生み出すという、
難しい課題を課されています。

・・・そのままで美味しい野菜を、どこまで変化させるのか?
・・・独特の質感をもつ肉や魚を、どう変身させるのか?
・・・新しい食材や新しい品種を、どこまで自分の料理表現に取り込めるのか?
「食材」という課題に真摯に取り組む信州の料理人たちが、この日集います。

一人一皿の料理に、信州の食材との対話が具現されて、
どんなメニューが生まれるか。
自分の作った食材への熱い思いを語ってくれる生産者たちと一緒に、
信州の秋が凝縮した一度限りのお食事を、
どうぞお楽しみください。


と き
2018年11月18日(日)
12時 開場 / 12時半 開宴
ところ
軽井沢「ヴィラ・デ・マリアージュ」
https://villasdesmariages.com/karuizawa/
会 費:(税サービス含む)
お食事 15,000円
アルコールペアリング 8,000円
ノンアルコールペアリング 5,000円

主 催
美食リゾート軽井沢
協 力
ヴィラ・デ・マリアージュ

お問い合せ・お申し込み
2018年 9月29日(土)
10:00より予約受付開始
info-spain@mbh.nifty.com

ごあいさつ

今年で4回目を迎える「ファーム・トゥー・テーブル」は、信州の自然へ、さらに深く踏み込んでいきます。
真の美食とは、その土地の恵みをそのまま活かすこと。
そう信じて厨房に立つシェフたちが互いに協力して、その日1日だけしか食べられない特別なお料理の数々を作り出します。
どうぞお誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

渡辺 万里美食リゾート軽井沢プロジェクト
ディレクター 渡辺 万里

Cuisine

more photos…


Farm to Table ファーム・トゥー・テーブル(プロローグ)

信州の生産者の皆さんと8 名のシェフの夢の共演

 

2016 11.6 sun
12:00 Open / 12:30 Start

 

11月6日、軽井沢の森に、信州の生産者と軽井沢の新進気鋭のシェフらが一同に会した1日限りのレストランがオープンします。
生産者の皆さんと8名のシェフたちが作りあげる、この日限りの特別メニューで皆さんをお出迎え。
ペアリングされるワイン、日本酒やジュースももちろん信州の生産者から届けられます。
軽井沢の食への熱い思いを共にするメンバーでお届けする、当プロジェクト初めてのイベントです。
是非お楽しみに。

 

メニュー:
8種類のワイン&日本酒のペアリングコース
18,000円
ノンアルコールドリンクつきコース
15,000円

 

会場:ワイン&欧風料理 メリメロ

 

お問い合せ・お申し込み
10月9日(日)10:00より予約受付開始
※11月1日以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
info-spain@mbh.nifty.com tel:03-3953-8414
※メールフォームはこちら
(スペイン料理文化アカデミー)
主催:美食リゾート軽井沢プロジェクト

「美食リゾート軽井沢」へようこそ!

宣教師によって見いだされ、避暑リゾート地として成熟してきた軽井沢。早くからもたされた西洋文化が優れた建築作品を生み、さらには作家や画家たちの集う地としても愛されてきました。そんな豊かな歴史背景と多様性に富んだ軽井沢の食文化には、「グルメ」より「美食(ガストロノミー)」という特別な言葉こそがふさわしいと思います。

 

軽井沢の食文化を築いてきたのは、豊かで良質な食材を届けてくれる信州の生産者たちと、新鮮な食材を芸術作品のように調理する地元レストランの人気シェフたち。当プロジェクトは彼らにフォーカスし、今以上に「美食リゾート」として全国に発信することで、「美食」をキーワードとする軽井沢の発展に少しでも貢献できればと思います。

 

今回の「プロローグ」は、生産者たちと8人のシェフがお届けするまさに「夢の共演」。そして今後は生産者たちやシェフの皆さんに留まらず、飲食店、食糧販売店などの方たちにも参加していただく構想を抱いています。
冬には、東京などの都市での生産者の皆さんとのコラボレーションを。
また来春には、再び軽井沢を舞台に、大勢の方に参加していただけるマルシェやフードコードが合体した楽しいフィエスタの開催を予定しています。

 

渡辺万里軽井沢在住の方、軽井沢を訪れる方、軽井沢に行ってみたいと興味を持ってらっしゃる方など、より多くの方に愛されるプロジェクトに育てていきたいと願っています。
皆様のご支援を、よろしくお願いいたします。

美食リゾート軽井沢プロジェクト
ディレクター 渡辺 万里