chefs

「レストラン・トエダ」オーナーシェフ 戸枝 忠孝

一皿の料理を見た瞬間、これは戸枝シェフの料理だとわかる。彼の料理は、それだけの鮮やかな存在感を持っています。
緻密な計算。ドラマティックな素材同士の構築。絵画的なまでに視覚にうったえかける皿の構成。それらが相まって、彼のメニューはいつも一冊の小説を読み進むような好奇心をそそります。
今回のステージでは、どんな素材とイマジネーションから、信州の秋の物語を展開してくれるでしょうか。mari

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone