chefs

「ル・シャモ・イーヴル」オーナーシェフ 大塚 哲也

「今年は、新しいことにも挑戦していきたい。今、自分の料理がしっかりした土台のうえに乗っている、と感じることができるから・・・」
料理一筋、不器用と言ってもいいほどにひたむきな大塚シェフの料理、今年は一段と飛躍が見えます。
『伝統と革新』という使い古されたフレーズの魅力を改めて実感させてくれる彼は、今回「ル・シャモイーヴル」から飛び出して、どんな食材で、どんな料理を作ってくれるでしょうか。mari

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone